読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はしもとダークサイド

美容師の日常と苦悩と快楽。

美容室から世界を見据えて世界を考える。

おはこんばんにちは。

 

近年、英語必須の企業が増えてきたよね。

 

日本の大手企業も海外企業から買収され、気づいたら上司が外国人になっているという現代。

 

もうすべては世界と繋がっているっていうことなんじゃないかな。

 

 

f:id:hassihair:20170215151901j:plain

東京で美容師をしていると、外国人観光客の方が急にご来店されることがある。

 

だいたい月に一回くらい。

 

その時に共通の言語はやっぱり英語になる。

 

どんな職種であっても英語で仕事のやり取りを出来た方が良いと思うんだ。

 

これを受けて、やはり美容室でもみんな英語が話せなければいけないと思い、美容室の英語での受付をマニュアル化してみたんだ。

 

常に誰でも対応できるように以下のような内容を。

 

 ・-・・ ーーー ・・・- ・

Hellow . 

 (こんにちは)

How would you like to do today ? 

 (本日はいかがなさいますか)

OK , let me check , please have a seat . 

 (はい、確認します。どうぞお掛けください)

May I keep your bag and jacket ? 

 バックとジャケットをお預かりしてもよろしいでしょうか)

Thank you for waiting , This way please .

 (お待たせいたしました、こちらへどうぞ)

 ・-・・ ーーー ・・・- ・

 

 

 

この受付の英会話を調べるだけで様々な英語が出てくるんだ。

 

そうなるともう英語をすべて理解するのは宇宙レベル。日本語もそんな理解できてないのに。

 

そして正直、返ってくる言葉はほとんどわかっていない。

 

 

でも、海外旅行に行ったときに現地の人が「コンニチハ」と言ってくれるそれだけで、心が落ち着くあの感じを、日本に来た旅行者が味わってくれたらいいなぁ。日本ていい国だなぁ、って思ってくれたらいいなぁ。って。

 

 

 

だれか私を親善大使に任命してくれ。

 

 

 

世界平和って国単位だと難しいかもしれないけど、一人の人間同士なら理解しあえると思うんだ。

 

 実際東京に住んで様々な国の人と交流するけど、みんな仲良くできるんだよ。

 

笑えばいいだけだもん。

 

握手するだけでいいんだもん。

 

シンプルなんだよ。

 

 

 

「宇宙からは国境線は見えなかった」

- 毛利 衛 ー

 

 

 

 

 

 

仕事行ってきます。

 

 

 

 

【プロフィール】

f:id:hassihair:20160805085627j:plain

橋元リョウイチ

f:id:hassihair:20161104025722p:plain f:id:hassihair:20161104025929p:plain f:id:hassihair:20161104030107p:plain

原宿にある美容室「VIRGO」スタイリスト

東京都渋谷区神宮前2-32-3ニチハタビル3F

竹下通りの出口から徒歩約3分

TEL 03-3403-8090

【お待ちしております】

↓橋元リョウイチの美容室のご予約↓

 

f:id:hassihair:20161020171119g:plain

 

f:id:hassihair:20161020185714g:plain

※指名料はかかりません。

 

 ↓YouTubeはしもとのページ↓

f:id:hassihair:20170404134307g:plain

 

↓橋元リョウイチは美容師です↓

f:id:hassihair:20161029211147g:plain